読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五十路の日常

お独り女のひとり言

夢をみた

今朝見た夢の事が気になってる。

ずいぶん前に別れた男との結婚式に奔走する夢。

なぜその男なのか。

なぜ結婚なのか。

なぜ幸福感の無い後味なのか。

たぶん、気持ちが不安定なのだろうなぁ。

 

きっかけはちょっとした事。

先日、住んでるアパートのオーナーチェンジの知らせがあった。

で、建物の名前が変わるらしい。

実家は団地だし、自分もこの歳だし、最期まで賃貸と決めてる。

でも、ふと今のアパートの契約が変更になったら…なんて思っちゃって。

同居猫のために単身では身に余る部屋に住んでるのに、今以上の家賃になると痛い。

この先収入が増えるはずもないのに生活費の切り詰めだって限界があるもん。

病気だってするかもしれない。

事故にあうかもしれない。

あれやこれや…ネガティブな想いを巡らす。

 

で、今朝の夢。

まったくもって現実逃避も甚だしい。

なんだか阿保らしくなっちゃった。

先の事をマイナスに考えたってどうにもならんし。

できるのは節約して小金を貯めるくらい?

それもあまり現実的でないくらいの収入で今を生きる事でいっぱいいっぱいだし。

 

とりあえず、ネガティブ思考は疲れるな。

能天気でないと五十路は生きていけないのだよ。

足を踏ん張りながらも気楽に宝くじに夢を馳せるくらいがちょうどいいのかも。

3億当たったら何にどう使おうか~。

なんてことを考えているほうが心が健康でいられるってもんだ。

ふふふ^^

 

年に一度のもんもん

先日の事。

またひとつ歳を重ねてしまった。

誰にでもやってくる日なんだけど、ちょいちょい嫌だなぁと思う。

五十路を過ぎた頃から、普段思わないようなことが頭をよぎるのね。

あの「アンパンマン」の歌。

うっかり口ずさんだりしちゃうのだ。

 

♪何のために生まれて 何をして生きるのか

答えられないなんて そんなのは嫌だ♪

 

まあ、別に嫌じゃないけど、答えられない自分に唖然としてしまう。

自分の生きてきた価値とか意味とか、青春時代に悶々とするもんじゃなかろうか?

若い時、楽観的に生きすぎたのかな。

後れてやってきた反抗期?

いやいや…

どう考えてもこれしかないよ…

『更年期』ってやつさ。

いや~ねぇ。

 

映画、好きですよ

一人で映画館に行くのが好き。

趣味というにはおこがましいけど、月に二本は映画館で観るよ。

今年も観たいのがいくつかあって公開がとても楽しみ。

 

今日TVでやってた「信長協奏曲」を観に行ったのは去年?一昨年?

漫画やアニメの予備知識なしで行ったけど面白かったな。

小栗旬は「ルパン三世」でも好印象だったし面白い歴史解釈だったよ。

戦国時代にタイムスリップするっていうネタは昔からの鉄板だけど、史実を変えないっていう縛りをうまくやってたね。

 

タイムスリップといえば友人らが学生時代に戻りたいとか言うけど、ワタシは御免だ。

もう一度あの生活を送らないといけないかと思うとぞっとする。

もちろん楽しかった事や嬉しかった事はたっくさんあったし友人もできた。

けど、どうしてもあの青い春とやらが苦手だった。

恋愛も苦手だったし、女子の奇妙な連帯感も。

なぜトイレに一人で行けないのか不思議でしょうがなかった。

てか、一人で行きたかったよ、恥ずかしいもん。

女子力ってのが皆無だったんだなぁ。

 

ただ好きな俳優さんやミュージシャンを夢中になって追っかけたのは楽しかったな。

あの時だけは一人よりも仲間がいたほうが楽しいと思った。

大人になって仕事関係で何かを作り上げる時も仲間がいる事で達成感が増す。

支えあうっていうのを実感できる。

それを生活の上に持ち込めなかったのが現状なんだな。

恋愛して結婚して夫婦支えあって…てのが想像も現実にもできなかった。

一応オンナなんで子供でも欲しかったら話は違ってたかもしれない。

残念ながら子供が苦手という始末なもんでね。

人類の繁栄に貢献しないでごめんなさいね。

 

あれ?映画の話だったよね。

話がどんどんそれてっちゃって。

まるで井戸端会議。

やっぱりワタシもオンナだねぇ。

 

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

コツコツよりもユルユル。そしてヌクヌクとネムネム。

寒波やて?

すでに凄い雪が降ってる所もあるとか。

そんな中、試験を受けなきゃいけない子たち。

気の毒やな。

一生懸命勉強して万全の態勢で受けられないなんてなぁ。

試験日変えるとかできないもんかね。

中には一生を左右する子もいるだろし。

ほんと、頭の固い世の中やな。

 

とかなんとか思いつつも、社会に出たらそうゆう事って茶飯事なんだしな。

今回の悪条件の中でも結果を出せる子は将来もそうやって生きていけるんだろな。

まあ、どんな結果になっても後悔しない頑張りをみせなきゃね。

 

そういえば、数年前にワタシも受験したっけ。

まさに必死のパッチやったし。

幸い合格したけど、受験というやつはもう二度とごめんだわ。

50を超えたらコツコツとは無縁。

ユルユルの人生。

愛猫抱いてぬくぬく寝ましょ。

受験生の人たち、あとひと踏ん張り頑張って。

少しでもお天気がマシになること祈りますよ。

 

お雑煮

年が明けてからお雑煮三昧。

お餅が好き。

一回に3つ4つペロッといけるし。

大量購入していたのが今日食べて無くなっちゃった。

あらためて買うって事は毎年しないので食べ納めかな。

 

ウチのお雑煮は醤油仕立て。

地方出身者の両親。

白菜や人参、大根にお揚。

殺生を嫌ってか元旦は肉類無し。

まさに雑に野菜のごった煮的。

田舎もんなんでね。

 

そういえば若い頃、友人に作ったら「こんなんお雑煮ちゃうわ」と言われた。

白味噌文化なこの土地だからね。

多文化を受け入れられないその友人とはご縁が続かなかったな。

気持ちが頑ななのって面白くないわ。

嗜好って好みもあるだろから受け入れ難いのは仕方ないけどね。

好奇心が旺盛なのがいい。

「へえ~、変わってる!」

「どこ出身?」

「そこって観光できるん?」

…などと話が広がっていくほうがずっと楽しいと思う。

 

好奇心はいくつになっても持っていたい。

たとえ何も生み出せなくても、心がわくわくする瞬間を味わえる。

小さな好奇心なら楽に手に入れる事のできる時代だし。

 

そんなお餅大好き熟年女の独り言。

あ、体重の事には触れないでおこう。

ムニャムニャ。

 

抱負追加と気合い

新年ももう10日を迎えた。

あけおめ。

 

仕事以外は何も変わらない日常。

ああ、あったあった。

今のアパートに引っ越ししてからずっと一口コンロですませていた料理。

特に不便はなかったのだけど10年目でとうとう買い替えることに。

奮発して二口コンロにした。

さっとひと吹きで掃除が楽なんだもん。

ついでに換気扇も交換。

これは長年棚上げしていた外側の掃除を始めたはいいけど、お手上げ。

普段から羽だけ掃除じゃダメよねぇ。

油物関係の掃除はマメにしなくちゃと自戒。

一人暮らしも長いくせにこんなんじゃあきません。

毎年課題の「健康第一」って抱負に「日々マメ掃除」も追加しとかなきゃ。

てか、なんだか今年は電化製品の出費が増える予感。

洗濯機も動いてくれてるけど20年近く使ってるし。

自分の身体も電化製品もヤバい感じな予感に震える新年ですよ。

頑張れ踏ん張れワタシと電化製品。

よし、気合いだ。

 

 

漫才

久しぶりにじっくりと漫才を観た。

面白かったなぁ。

ずっとずっと笑ってて腹筋が崩壊しそうだったよ。

タイムマシン3号って人たち、初見だったけど好きだわ。

ウーマンラッシュアワーはずいぶんと攻めたねぇ。

銀シャリもやすともも安心して笑えたし中川家に至っては貫禄すら感じた。

最後にたけしも言ってたけど、誰もすべってない。

もちろん好みの問題はあって、個人的には千鳥のぶっ壊し感は好きじゃないな。

そういえば、かなり昔の事だけど、やすきよ漫才の舞台を母に連れられて観に行った。

彼らの記念公演だったと思う。

これでもか!ってくらい笑った記憶。

TVの普及でお笑いを舞台で観るっていう機会は少なくなった。

来年は舞台でのお笑いに触れる機会を作ろうかな。

うん、母を誘って行こう。

今度はワタシが母を連れて行くんだ。

ふたりで笑って寿命を延ばそう^^