読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五十路の日常

お独り女のひとり言

お雑煮

年が明けてからお雑煮三昧。

お餅が好き。

一回に3つ4つペロッといけるし。

大量購入していたのが今日食べて無くなっちゃった。

あらためて買うって事は毎年しないので食べ納めかな。

 

ウチのお雑煮は醤油仕立て。

地方出身者の両親。

白菜や人参、大根にお揚。

殺生を嫌ってか元旦は肉類無し。

まさに雑に野菜のごった煮的。

田舎もんなんでね。

 

そういえば若い頃、友人に作ったら「こんなんお雑煮ちゃうわ」と言われた。

白味噌文化なこの土地だからね。

多文化を受け入れられないその友人とはご縁が続かなかったな。

気持ちが頑ななのって面白くないわ。

嗜好って好みもあるだろから受け入れ難いのは仕方ないけどね。

好奇心が旺盛なのがいい。

「へえ~、変わってる!」

「どこ出身?」

「そこって観光できるん?」

…などと話が広がっていくほうがずっと楽しいと思う。

 

好奇心はいくつになっても持っていたい。

たとえ何も生み出せなくても、心がわくわくする瞬間を味わえる。

小さな好奇心なら楽に手に入れる事のできる時代だし。

 

そんなお餅大好き熟年女の独り言。

あ、体重の事には触れないでおこう。

ムニャムニャ。