読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五十路の日常

お独り女のひとり言

映画、好きですよ

一人で映画館に行くのが好き。

趣味というにはおこがましいけど、月に二本は映画館で観るよ。

今年も観たいのがいくつかあって公開がとても楽しみ。

 

今日TVでやってた「信長協奏曲」を観に行ったのは去年?一昨年?

漫画やアニメの予備知識なしで行ったけど面白かったな。

小栗旬は「ルパン三世」でも好印象だったし面白い歴史解釈だったよ。

戦国時代にタイムスリップするっていうネタは昔からの鉄板だけど、史実を変えないっていう縛りをうまくやってたね。

 

タイムスリップといえば友人らが学生時代に戻りたいとか言うけど、ワタシは御免だ。

もう一度あの生活を送らないといけないかと思うとぞっとする。

もちろん楽しかった事や嬉しかった事はたっくさんあったし友人もできた。

けど、どうしてもあの青い春とやらが苦手だった。

恋愛も苦手だったし、女子の奇妙な連帯感も。

なぜトイレに一人で行けないのか不思議でしょうがなかった。

てか、一人で行きたかったよ、恥ずかしいもん。

女子力ってのが皆無だったんだなぁ。

 

ただ好きな俳優さんやミュージシャンを夢中になって追っかけたのは楽しかったな。

あの時だけは一人よりも仲間がいたほうが楽しいと思った。

大人になって仕事関係で何かを作り上げる時も仲間がいる事で達成感が増す。

支えあうっていうのを実感できる。

それを生活の上に持ち込めなかったのが現状なんだな。

恋愛して結婚して夫婦支えあって…てのが想像も現実にもできなかった。

一応オンナなんで子供でも欲しかったら話は違ってたかもしれない。

残念ながら子供が苦手という始末なもんでね。

人類の繁栄に貢献しないでごめんなさいね。

 

あれ?映画の話だったよね。

話がどんどんそれてっちゃって。

まるで井戸端会議。

やっぱりワタシもオンナだねぇ。

 

┐(´∀`)┌ヤレヤレ